キッサコ(アート&ヨガ道場喫茶去)ブログ

ダヤプティ(DayaPutih)ヨガとので・あ・い

スカットです! 

今日は私がパリの教室や道場喫茶去でご指導している、ダヤプティとその師匠について語るのである!

バリ島のウブド村から車で1時間弱の、名も無い奥地に私の師匠であり、ダヤプティの代表、王室の専属講師でもあるカンジェン・マディ先生が、長年かけて探し求めた聖地に建てた合宿場がある。 周りには田んぼとジャングルの様な森しか無いその土地は、優しく、神聖な空気に包まれていて、聞こえて来るのは、虫や鳥の声、風の音、時々果物が木から落ちる音だけ。 そこで先生とのマンツーマンの合宿である。 電気もガスも無いので、暗くなると、灯りはロウソクの火だけ。 本も読めないので、休み時間にすることと言ったら独り庭の椅子で三角座り。 (敷地はすごく広いので、どっかに先生たちはいるにはいるんだけど、どこかは不明。) でも、不思議とまーったく恐くも寂しくも無く、「自分は本当に大自然の一部であり、大自然に守られているんだな~。」と、心の底から安心感や温かい気持ちが溢れて来るのである。 大自然って不思議だなあ。
全くもって無防備な敷地なのだが、先生は「ここは神聖な良い空気に守られてるから、絶対大丈夫!泥棒も誰も悪いモノは入って来れない!」と言っていたので、そう言う事らしい。 役所から注意された時も、そう言ったら納得されたらしい。

先生がまたおもろいおじさんなのだ。 かなりののんびり屋さんなのである。 お稽古中にもたまにいきなり庭いじりが始まったりする。 そりゃー先生が建てた道場なので、気になっちゃたりするのだろう。 でも「先生~、もうちょい集中しようよ~。」と思ったりもする。 これまたお稽古中に、庭に住みついてる野生の鶏の巣に、卵が生まれてるかふと見に行く事もある。 2個産まれてていたら、1個もらって1個は置いておくそうだ。 木に生ってる見知らぬフルーツを長い棒で突っつき始めることもある。 謎のフルーツを手渡され「食べてみなさい。」と言われ、かじってみると死ぬほどすっぱかったりする。 渋い顔をすると、 「あははー、でもとても身体に良いんだよ。」と笑っていた。 先生は言う。「僕は自分の生徒たちを家族だと思っている。皆には、謙虚な気持ちでいることはもちろん大切だけど、ストイックになり過ぎたり、視野が狭くなって欲しくない。 いつも笑顔でいて欲しいと願うだけだ。」 「花はこの世で一番美しい。”花の様になる。” それだけで良い。」と。 ダヤプティは、自然の中に美しく咲く、一輪の花の様になることを目指すエクササイズなのである。

ちなみに先生も絵描きでもあり、時々展示会もしてるし、本も出してるし、音楽や舞台演出もしてる。 先生は「自分はヨギーでは無く、アーティストだ。」と言っている。 夜になると竹笛で自作の音楽を吹いてくれたりもする。 とまあ、そんな先生でいつも面白いのだ。   

それまでフランス、パリの教室で指導を続けていたのだが、初めて美咲町の山に訪れた時、その美しさや神秘性に惹かれ、大自然に囲まれた環境で行うバリでのお稽古の素晴らしさを、そこで再現出来るのではと感じた。 先生のエスプリを受け継ぎ、バリで感じたあの不思議に満たされた感覚を少しでも多く人に、日本でも伝えられるのではと思い、パリでの教室を一旦閉め、美咲町でのヨガ合宿を開催することに決めたのだった。 
[PR]



by dojokissako | 2011-01-12 08:45 | ダヤプティ(DayaPutih)ヨガ | Trackback
トラックバックURL : http://kissako99.exblog.jp/tb/12679402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

岡山・美咲町の、美しい自然に囲まれた、ヨガをして、アートを感じ、美味しいカフェも飲めるファンタスティックな空間をご紹介。
by dojokissako
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

ファン

ブログジャンル